似ているようで違う?問題の社会不安障害と適応障害について

症状診断で精神障害をチェック

昨今、精神障害には色々な種類があり、沢山の名前がついています。
うつ病、統合失調症、脅迫障害、サイコパス、アスペルガー症候群、不安障害など・・・・
社交恐怖ともいわれる社会不安障害は、社交状況を避けたり耐えることにより、生活に重大な支障をきたすという精神障害です。
いわゆる「内気」とか「シャイ」「恥ずかしがり屋」「あがり症」などとは違い、対人場面において極度の緊張状態に陥り、動悸、震え、吐き気などの症状が出てしまいます。
これにより集団の中で孤立してしまったり、対人場面を避けるようになったりして日常生活に影響を及ぼします。
更に症状が慢性化するとパニック障害やうつ病を併発してしまう恐れもあります。

社会不安障害は適応障害とはまた違い、やっかいなものです。
ストレスや自分を悩ませる原因、不安や恐怖を覚えるものに対して社会不安障害のような症状が出てしまうのが適応障害です。
ですが適応障害は原因となるストレス因子がなくなれば、症状が消えるという精神障害ですので、一時的なものと言えるでしょう。
なお、治療のためには自分が今どの症状に悩まされているのか、はっきりと知る必要があります。
医療機関を受診し、診断してもらうのが確実ですが、病院に行くのが辛いという方も沢山居ることと思います。

そんなときにはインターネットで症状チェックをしてみましょう。
こころナビというサイトであれば無料でいくつかの質問に答えるだけで症状チェック、診断ができます。
診断したうえでどの症状に自分が一番近いのかという事を知るだけでも大分精神状態を安定させることが出来るかもしれません。
こころナビというサイトでは症状に悩んでいる方たちが交流できる掲示板などもあります。
不安な事やわからない事があれば質問すれば同じ症状で悩んでいる人たちから答えてもらえるでしょう。
また、精神障害の治療の際は医療機関を受診し、症状にあった薬を処方してもらいましょう。

PRサイト⇒社会不安障害の診断チェック:こころナビ